歯科・エメラルド茅ヶ崎

ご予約・お問合せ
0467-88-5722

歯科・エメラルド茅ヶ崎

小児歯科

Occlusion

小児歯科

乳歯の虫歯も治療が必要です

乳歯だからといって失っても問題ないと考えることは、大変危険なことです。乳歯には丈夫な永久歯が生えるための準備するための役割や、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、あごの骨の成長や知能の発達、正常な咬み合わせにも影響を及ぼしています。

さらに、虫歯は感染症であるため、虫歯がある状態で抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくると、永久歯が虫歯になるリスクは高まります。神経まで到達した虫歯の中には歯周病菌も存在し将来、歯周病が悪化してしまう可能性があります。

生えたての歯はとてもデリケートです

生えたての永久歯は、乳歯と永久歯が混在することで歯並びがでこぼこしてしまう傾向にあり、表面が粗く汚れが付きやすかったり、抵抗力が低い状態です。つまり、虫歯になりやすいデリケートな時期ということです。

また、永久歯がなかなか生えてこなかったり、乳歯が抜けないなど、この時期のトラブルはつきものです。お子様の歯に異常を感じたら、お早めにご相談ください。

何より、痛がっている時・痛い時に来られても治療の一環で一時的に痛みを与える可能性が高くなってしまい、下手すると僕が嫌われてしまいます。
僕はいいですけど、歯医者自体を嫌いになってしまうと、その後が大変になってしまうので、なんでもない時に歯医者さんにきて予防していくほうがメンドくさくないです。

問題になりにくい口へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、虫歯菌・歯周病菌はいないと言われています。では、なぜ虫歯になるのでしょうか?

虫歯・歯周病は感染症です。つまり、お口のスキンシップなどを通して周囲の大人の方からお子さんのお口に菌がうつり、虫歯・歯周病に感染してしまうのです。

菌に感染しやすい時期は、生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間です。
この生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間に、お子様と同じ箸やスプーンを共有しない、咬み与えをしない等、お口のスキンシップを控える事で、成長した時に達の悪い歯周病菌や虫歯菌やなどが少なくできる可能性があります。いくら可愛くても、お口にキスしたらダメですよー。

虫歯の予防

歯磨き指導
1.歯磨き指導

子どもが歯磨きを好きになるように丁寧に指導いたします。
歯磨き、ブラッシング指導では、虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。
僕も教えますよー。

フッ素塗布
2.フッ素塗布

萌出したばかりの乳歯・永久歯は歯質がまだ脆弱なため、歯の表面にフッ素を塗布することにより、歯の表面が『酸』に強くなり溶けにくくなります。

シーラント
3.シーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝の部分にプラスチックを流し込み、虫歯になりにくくさせる処置です。歯を削らずに行えるため、痛み無く予防できるのが特徴です。

顎の発育と歯並び

身体や脳の発育に顎と歯の噛み合わせは密接に関わりがあります。
綺麗な歯並びだと、食物をきちんと磨り潰すことができ、栄養をしっかりと吸収しやすく、身体の良好な発育を促します。また歯磨きがとてもしやすく、お口の中に問題が将来に渡って起きにくくなります。

身体だけでなく、しっかりと良く噛むことで脳の血流量が改善し神経の発達を促します。
虫歯で良く噛めなかったり、歯並びが悪くならいないようにこの時期に介入しましょう!

pagetop